読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40kgのダイエットに成功した男のプログ

岡田斗司夫の言った月面世界は存在した。

ハンドタオルはハンカチに、
あんなに好きだったエアコンも苦手になった。
なんと驚くなかれユニクロのSのシャツが入るのである。
Lというのはラージ、つまりでかいという意味だった事に改めて気付く。

やせてみてはじめて分かった。
やせてる人は常にお腹がへっているのだ。

そしてやせてる人は

食べすぎの不快感 > 空腹の不快感

なのだ。


今までの私は

空腹の不快感 >> 食べすぎの不快感

更に食べすぎの不快感を感じるセンサーが壊れていて
もう食べれないところでしぶしぶ箸を置いていた。

今でも腹が減ると何か食べたい、
うまいものが食いたい、
そして食べてる最中ももっと食べたいと欲望が渦を巻く。
しかも食べ物を残すのはなかなかできない。


しかし、今や

空腹の不快感 = 食べすぎの不快感

となってきて
いかんこれ以上食うと胃が苦しくなる
というのが分かるようになった。

レコーディングダイエット卒業の瞬間である。

あとは食べたい物を好きなだけ食べてもメタボ寸前には
なるだろうがもうデブに戻ることはないだろう。

しかし、デブの頃より今の方が
食べることに対しての葛藤が大きくなった。

もっと食べたいのにお腹がいっぱい。
少ししか食べないからすぐお腹がすく。
(お腹がすくといっても満腹レベルは5なのだが)

デブだった頃の方が迷いもなく、ある意味幸せだったのだろう。

しかしもうデブには戻れない。
あまりにも損をする事が多すぎる。

あとはこのレコーディングダイエットをベースにしつつ
スリムな人がスリムな体型を維持していく
健康オタク的なダイエットを取り入れ
カッコイイ大人を目指していこう。