痩せたい!。デブの苦しみから脱出せよ。

100kgデブから40kgの減量に挑戦中

なんで?

デブはよく聞かれる。

なんでそれ食べちゃう?
なんでそんなに食べちゃう?
なんで我慢できない?

いやいや、その発想が間違ってる。

それを食べることが出来る。
そんな量を食べることが出来る。
我慢せず食べることが出来る。

そう、高カロリー食を人の倍以上
食べることが出来るんだよ。

出来ない奴らに理解を求めてもムダ。

レコダイというのは
ムダな太る努力を減らして
大デブを小デブにするメソッド。

それから先が普通のダイエット。

助走から始めるべし。


7/25(月)
07:00 いちご豆乳 100kcal
12:00 豚汁そば522  500kcal
19:00 浜寿司 24皿3人 うどん 1500kcal
20:00 チーズタルト1個 コーヒーあんぱん1/3 300kcal 

計2400kcal

朝 61.8kg 14.8%
夜 63.2kg 14.2%

身長177cm 平均体重69kg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダイエット前データ
177cm 100kg 体脂肪率不明(推定35%) (1999年)

レコダイ塾前データ
177cm 67.9kg 14.6% (2013.1.1)


ーーーーーー レコダイロードマップ ーーーーーー

「デブは太る努力のたまものである」
よって、太る努力を止めればよい。
これがレコーディングダイエットの
根幹をなす思想である。

まずは体脂肪率付きの体重計を買って、
毎日体重を計測せよ。

助走:太る努力を自覚せよ(食べた物を書く)
離陸:太る努力を更に自覚せよ(カロリーも書く)
上昇:太る努力を減らせ(カロリー制限をする)
巡航:痩せる努力を始めよ(カロリー制限を頑張る)
再加速:痩せる努力を続けよ(健康的な食生活)
軌道到達:痩せる努力を身に付けよ(腹八分) 
 

レコダイの失敗は記録しない事である。
食べ過ぎは失敗ではない。
繰り返す、食べ過ぎは失敗ではない。

なお、軌道到達後もレコーディングすべし。