読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷った時は

最近ダイエットのモチベーションが落ちてる。

あんなに頑張ってカロリーを減らしてるのに
これだけしか体重が減らない。

こんな時こそレコーディングの見直しだ。

良かった、きちんとコントロールできてる。


レコダイのいい所ってこの自分の
位置を把握できるという事だよね。

自分の位置を見失っては迷子になるだけ。

レコーディングって、たしかに
ダイエットの補助にしかならないけれど
補助がなくなれば己を見失ってしまう。

レコーディングは続けるべし。


9/7(水)
07:00 梅豆乳 100kcal
12:00 さんま定食951 小盛り  700kcal
19:00 ご飯 宅配おかず(から揚げ) みそ汁 800kcal
21:00 梅豆乳 少 カウントせず

計1600kcal

朝 63.8kg 15.9%
夜 64.7kg 14.4%

身長177cm 平均体重69kg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダイエット前データ
177cm 100kg 体脂肪率不明(推定35%) (1999年)

レコダイ塾前データ
177cm 67.9kg 14.6% (2013.1.1)



ーーーーーー レコダイロードマップ ーーーーーー

「デブは太る努力のたまものである」
よって、太る努力を止めればよい。
これがレコーディングダイエットの
根幹をなす思想である。

まずは体脂肪率付きの体重計を買って、
毎日体重を計測せよ。

助走:太る努力を自覚せよ(食べた物を書く)
離陸:太る努力を更に自覚せよ(カロリーも書く)
上昇:太る努力を減らせ(カロリー制限をする)
巡航:痩せる努力を始めよ(カロリー制限を頑張る)
再加速:痩せる努力を続けよ(健康的な食生活)
軌道到達:痩せる努力を身に付けよ(腹八分)



------------- 満腹メーター ----------------

レベル10 「満腹のあまり、おなかが痛い」
レベル9 「食べすぎて気持ちが悪い」
レベル8 「食べすぎて胃が重い」
レベル7 「おなかがいっぱいで満足」
レベル6 「おなかはすいてない」
レベル5 「食べられないことはない」
レベル4 「おなかが鳴り出した」
レベル3 「はっきりと、おなかがすいた」
レベル2 「おなかがすいて、食べることしか考えられない」
レベル1 「おなかがすきすぎて、気持が悪い」